ほくろの除去治療はどんな風に行なうの?|種類によって異なる治療法

病院選びが大事

レディ

顔や体にほくろができると、気になって仕方ないはずです。ほくろには、遺伝によって先天的にできるものと、紫外線などの影響で後天的にできるものの二つがあります。後天的にできたほくろは、紫外線を浴びることで大きくなったり、数が増えたりする場合もありますので、早めにケアすることが大切です。このようなほくろでお悩みなら、皮膚科や美容外科に足を運んでみるといいでしょう。皮膚科や美容外科では、ほくろを取り除くための様々な治療法を取り扱っています。一般的なほくろの除去治療としては、電気メスを使って取り除く方法や、レーザー治療、メスを使って切開する方法などが挙げられます。電気メスを使用してほくろを取り除く治療法は、メスで切開する方法と途中までは何ら変わりません。しかし、電気メスから放たれる熱の力によって、傷口を固めてくれる作用が働きますので、ほくろを切開した後に縫合する必要がなくなるのです。また、この作用のおかげで、止血をする必要もなくなるため、体への負担を軽減することができます。

そのほか、レーザー治療は、メラニン色素に反応する光をほくろに照射して取り除く治療法です。メラニン成分にのみ反応するため、ピンポイントで綺麗にほくろを取り除くことができ、痛みも少ないのが特徴となっています。また、メスを使って行なう切開手術は、最も歴史の古い治療法です。メスを入れることでほくろを直接切開できるので、すぐに取り除きたい方や大きなほくろを除去したい方などにおすすめです。病院によっても取り扱っている治療内容は異なりますので、まずはいろいろな病院の情報を検索してみることから始めましょう。インターネットなどで検索すると、評判の高い病院の情報が簡単に検索できるので便利ですよ。

To Top