ほくろの除去治療はどんな風に行なうの?|種類によって異なる治療法

痛みを抑えるには

女性

ほくろは、顔や体のいろいろな箇所にできます。体などの見えない部分にあるものはまだ服で隠すことができますが、顔にあるほくろは隠すことができません。そのため、女性は特に人目が気になってしまうでしょう。美容外科や皮膚科では、そのようなほくろでお悩みの方のために除去治療を行なっています。除去治療には、メスを使って皮膚を切除するものや、レーザー機器を使用してほくろを取り除くもの、自宅で簡単にできるほくろクリームなど様々なものがあります。皮膚を直接切開して行なう場合だと、麻酔をしているといっても、血が出たり痛みを感じたりする可能性も考えられます。痛みをなるべく少なくしたいという方におすすめなのが、レーザー治療です。レーザー治療は、色素に反応する光を照射することでメラニン成分を分解し、ほくろを取り除くという方法です。切除手術と違って皮膚にメスを入れなくてもいいので、痛みが比較的少ないでしょう。「顔のほくろを取り除きたいけど治療による痛みが心配‥・。」という方は、ぜひレーザー治療を受けてみるといいです。

一言で、レーザー治療といっても様々な種類の治療法が存在します。主な種類としては、炭酸ガスレーザーやQスイッチレーザーなどです。炭酸ガスレーザーは、レーザーの光を照射することで皮膚を削り落とす治療法です。局部麻酔を打ってから治療が行なわれるので、さほど痛みは強くありません。そのほか、Qスイッチレーザーは、シミや痣の除去にも使用される治療法で、メラニン色素のみに反応して細胞を破壊していきます。痛みが全くないわけではありませんが、チクチクするような小さな痛みなので、我慢できる範囲内だといえます。ほくろの除去治療は、どの方法も多少なりとも痛みを感じるようになっていますので、それなりの覚悟をした上で受けることが大事です。また、治療を行なった後もきちんとしたアフターケアをしなければ、皮膚が赤くなったり色素沈着したりしてしまう可能性もありますので、十分に注意しましょう。

To Top