ほくろの除去治療はどんな風に行なうの?|種類によって異なる治療法

悪性かどうかを見極める

ウーマン

顔や体の至るところにできるほくろ。生まれつきあるものや、成長段階でできたものなど、ほくろにも様々な種類が存在します。生まれつきあるものは、遺伝によってできる場合が多いです。そのため、悪性のものである可能性は低いですが、強い刺激を受けると何らかの病気を引き起こす危険性もありますので、少しでも異変を感じたらすぐに病院で治療するようにしましょう。そのほか、後天的にできたほくろは、紫外線を過剰に浴びたことによってできることがほとんどです。ほくろというのは大半がメラニン成分でできており、紫外線を浴びることによって皮膚内のメラニン色素が活性化され、大きく成長していくのです。そのため、これ以上ほくろを大きくしないためには、紫外線対策を万全にしておくことが大事です。紫外線の強い日中は外出は避ける、長袖や帽子、日傘を差して外に出る、日焼け止めをきちんと塗るなどの対策を行なって、皮膚に刺激を与えないようにしましょう。紫外線を過剰に浴びることで、メラニン色素が皮膚内に蓄積され、がんなどの病気を発症してしまうリスクも高まります。このような病気を引き起こさないためにも、入念な紫外線対策とほくろに異変を感じたらすぐに病院で診察を受けて治療をしましょう。

一言でほくろといっても、その種類には様々なものがあります。気になるなら皮膚科や美容外科などで取り除くことができますが、良性の場合は放っておいても特に心配する必要はないでしょう。しかし、悪性である場合は、早急に除去治療を行なわなければなりません。悪性のほくろは放置しておくとどんどん大きく成長し、がんを発症してしまう危険性があります。時間が経つと症状が悪化してしまうので、早めに病院を受診しましょう。悪性かどうかを見極める方法としては、普通とは違う変な色をしていたり、ほくろの周りに細かいブツブツができていたりする場合です。最悪の場合、メラノーマという皮膚がんの病気になるケースもありますので、すぐさま病院で治療を受けることが大事です。

To Top